なにがなんでもやりきれ!(平山担任助手) | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2017年 1月 12日 なにがなんでもやりきれ!(平山担任助手)

こんにちは!担任助手の平山です。

2016年も終わり、2017年が始まり、1週間が経ちました。ということは、センター試験直前です。自分も一年前に経験しました。

自分は私立文系だったので、そこまで緊張しないものかなと思っていましたが、やはり入試というものはどのレベルの試験であれ、独特の緊張感がありました。

この時期になると勉強あれこれという時期でもないので、一年前に同じ試験を経験した者として一言伝えます。

それは「なにがなんでもやりきる。」ということです。

この言葉には、今までがどんなに悪い成績であれ不合格と言われたわけではないですし、逆にどれだけ成績が良くても合格と言われたわけではありません。全部はその試験で決まります。だからこそ最後の最後まであきらめないという気持ちが込められています。

よく言われる運が味方につくということがありますが、それもそういった人につくのです。だから、みなさん最後の最後の最後まであきらめないでください。そして、自分の持っている力を100%以上出してきてください!そうすれば、120%以上の結果が出るはずです!

受験生、がんばれ!