本番力について(渡部担任助手) | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2016年 9月 3日 本番力について(渡部担任助手)

こんにちは。大宮校担任助手の渡部です。

もう9月に入りましたね!

28日の模試の結果はどうでしたか?夏休みの努力の成果を出せた人もいれば、出せなかった人もいると思います。模試の振り返りについて生徒と話していると、多くの生徒が「センターの過去問では高得点取れていたのに、本番では緊張して実力が出せなかった」「わからない問題が出てきてパニックになって焦ってしまった」と言っていました。その原因は、本番力とメンタルの弱さだと思います。

まず、本番力を鍛えるためには、数を多く経験すること一番だと思います。毎回の模試を、本番だと思って本気で挑むことも大切ですまた、大宮校では過去問演習会を実施しています。毎回、自分の課題を持って参加するようにしましょう。

次に、メンタルを強くする方法ですがここでは私が受験期にしていたことを紹介します。私も毎回試験で緊張していましたが、なぜ緊張してしまうのか、と考えてみたときに、自分に自信がないからではないかと気づきました。そこで、自分の努力量を増やし、試験の時はいつもあれだけ勉強したんだから大丈夫、と言い聞かせていました。みなさんはこの夏、しんどくなるくらい勉強していましたか?きっと、もっともっと頑張れるはずです。

あとは気合です!「絶対〇〇大に合格する!」という想いがメンタルも強くしてくれると思いますし、合格へ導いてくれると思います。

あと約130日、気合を入れて頑張りましょう!