センター試験本番レベル模試(若林担任助手) | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2016年 8月 9日 センター試験本番レベル模試(若林担任助手)

こんにちは!担任助手の若林です。

8/28(日)第4回センター試験本番レベル模試が行われます。

この模試は夏休みの勉強の成果が試される、とても重要な模試になります。

みなさんには、この模試で自分が満足する点数をなんとしてでも取ってきてほしいと思います。

そのためには、模試までの時間を有効に使うことが大切です。

自分のやるべきことがあやふやで、やみくもに勉強している人は、今から教えるプロセスに沿って夏休みを有意義なものにしてほしいと思います。

 

①過去の模試や今まで解いた過去問を見直して、自分の弱点を知る。

自分の弱点を知ることで、やるべきことが明確になります。

弱点がいっぱいある人。それだけ伸びしろがあるということです。

落ち込んでる暇はない!まだまだこれから!

 

②その弱点を克服するために、何をすればいいか考える。

確実に点数があがる方法を模索してください。もしわからなければ、私たち担任助手に聞いてください!

やり方は人それぞれです。全員の意見をそっくりそのまま取り入れるのではなく、いろんな人の意見を聞いて、自分にあった方法を見つけてください。

 

8月28日までにどのくらいのペースでやれば間に合うのか計画を立てる

試験日から今日までの日数、時間を逆算して、しっかりとした計画を立てましょう。

一日何ページやれば8月28日までに間に合うのか、弱点克服するために残された時間はどれくらいなのか、把握することが大切です。

 

8月28日がセンター本番だと考えるようにしましょう。

そうすると夏休み中の勉強に対する意識も変わってくるはずです。

模試まであと20日!!

やりきろう!