部活生時代の経験(柴本担任助手) | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2016年 5月 28日 部活生時代の経験(柴本担任助手)

担任助手の柴本です。
 
私は高校時代に書道部に所属していました。
書道部の主な行事は文化祭でのパフォーマンスや展覧会がありました。
文化祭でのパフォーマンスは4×6メートルの紙に特大の筆で書きます。
4×6メートルの紙は売っていないので自分たちで2メートルぐらいの紙を張り合わせて作るのが大変でした。
また、音楽に合わせて書くのも難しいので練習が何回も必要でした。これらの準備や練習をするのに、数ヶ月前から準備にとりかかります。

つまり部活の活動時間が長く、勉強としっかり両立する必要がありました。
なので部活の時間には思いっきり部活に打ち込み、そのあと東進に来て勉強をする、というスタイルでした。
授業中は授業に集中し、課題を授業中になるべく終わらせるようにしていました。
部活後に校舎では受験勉強に打ち込みました。
引退後も部活で培った努力で受験勉強に打ち込むことができました。
そのようにして部活と勉強を両立していました。
 
今、部活に打ち込んでいるみなさん!
東進でその部活で培った努力を受験勉強にも向けてみませんか?
一緒に頑張りましょう!