部活生時代の経験(渡部担任助手) | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2016年 5月 26日 部活生時代の経験(渡部担任助手)

大宮校担任助手の渡部亜里砂です。


淑徳与野高校のバドミントン部に所属しており、副部長を務めていました。
私が高校時代大切にしていたのは、「どんなに疲れていても東進に行く!」ということです。
私は部活が終わってそのまま家に帰ると寝てしまうタイプだったので、必ず東進に来て、その日の復習や講座の受講をしていました。
友達の中には両立が大変で部活をやめてしまう人もいましたが、私は部活をやっていたからこそ本番力や精神力を鍛えることができたと思います。
また、受験期には、部活の仲間と励ましあい、ともに乗り越えてきました。
部活を言い訳にして勉強をさぼるのは簡単ですが、その苦労に立ち向かい、努力できる人が受験でも勝ち残っていくと思います。
東進で部活と勉強を両立させながら夢に向かって頑張りましょう!