難関・有名大記述模試を終えて(榎本担任助手) | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2016年 9月 23日 難関・有名大記述模試を終えて(榎本担任助手)

こんにちは!担任助手の榎本です!


9月の記述模試が終わりましたね。
実は一般試験と同レベルで作られたこの記述模試を受けられるのも、残り回だけなんです!
みなさんはどういう気持ちで今回の模試にのぞんだでしょうか??

模試の後はやはり復習が一番大事になってきます。絶対忘れずに行ってください!!

センター模試と違って記述模試は、難易度が少し高く、応用問題を聞かれることが増えます。自分の力でゼロから解いていかなければならない問題も増えると思います。

長い記述問題に直面した時、みなさんはしっかり解答用紙いっぱいに答えを埋められましたか??

実は、答えに完璧な自信がなくても、記述模試は解答をしっかり埋めること最も大切です。

白紙の解答用紙を提出しても点数はもらえません

まずは、自分のベストアンサーをしっかり書いて提出してください。

そうすれば、自分の書いた解答と解説の採点基準を見比べて、次にどう書けば点数がもらえそうかがわかってきます

今回の難関・有名大模試でうまくいかなかった人は決して焦りすぎないでください。こういう時こそ、基礎基本をしっかりと見直しましょう!!