日本史のオススメ。 | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2015年 6月 23日 日本史のオススメ。

みなさん、こんにちは! 大宮校担任助手の斉藤です!

 梅雨入りして、ジメジメする日が続いてますが、毎日勉強することはできていますか?
受験本番も寒い冬… 雪が降ったり、風邪を引いている中で試験に臨むことになるかもしれません。
しかし、コンディションが悪くても、自分の実力を発揮しなければなりません! だからこそ、今の時期も1日にやるべきことをしっかりとやり切り、毎日校舎に登校しましょう!!

さて、今日は私のオススメの講師を紹介します。

私がオススメするのは日本史の金谷俊一郎先生です!

 

日本史選択者なら言わずと知れた金谷先生ですが…今回は3点に分けて紹介したいと思います。

①「表解板書」と呼ばれるノート

「天皇・時代の権力者・出来事」であったり、「戦乱・政治」といった自分ではまとめにくい部分をまとめてくれます。 一つの出来事をただ暗記するのではなくて、 ○○が起きたから→それが原因で□□が起きる といった《因果関係》をしっかりと教えてくれるので、日本史が自然とおもしろく感じられました。
授業で作ったノートには、重要な人物や事柄が書いてあります。 そこに、問題集やセンターの過去問で間違えたところをマーカーでチェックをしたり、新しく付け加えていって、自分専用のノートを作っていくようにしていました。 私は受験本番にも持っていき、直前まで見ていました。 みなさんも是非使い込んでください!

 ②授業の内容

金谷先生の授業は本当に入試に出る部分しかやっていません! 私たちが苦手な部分は何度も説明してくれたり、覚えやすい言い回しを教えてくれます。 また、授業の中で前回の授業を復習してくれるところも良かったてす。

 ③東進ブックスとの併用

 授業のテキストとノート以外にも、金谷先生の参考書は分かりやすいものばかりです。 実際に私が使っていたものを紹介します!

・「なぜ」と「流れ」がわかる本

日本史が苦手、覚えられないという人にオススメです。 細かい用語を先に覚えてしまいがちですが、日本史は大きな流れを掴むことが大事です。

・一問一答

はじめからやっていくのではなく、今勉強している分野や美術作品等の文化を集中的に覚えたり、知識を確認する道具として使ってください。

・センター一問一答

特にオススメしたい一冊です。 センターによく出てくる文章が正しいか・誤ってるかを答える形式です。 ここで大事なのは、「誤りがどこにあるかが分かり、正しくなおせるか」ということです。 誤っている箇所はかなり時代がズレていたりするので、もう一度復習するようにしましょう!

・史料問題一問一答

センターにも、国立二次や私大にも出てくる史料問題… 頻出の史料と問題が載っているので、対策が自分ではしにくい史料も勉強することができます。

6月の模試まであと少しです…。 しかしまだまだできることはあるはずです。 1月のセンター本番だと思って、今できる最大限の努力をして臨みましょう!

 日本史に関しては、試験が始まる直前まで勉強できます。 最後まで諦めずに、頑張りましょう!!

———————————————————————————————————