本番を意識する | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2015年 6月 29日 本番を意識する

担任助手の森雄貴です!

昨日はセンター試験本番レベル模試でしたね。
自分の力を存分に発揮できましたか?

さて、皆さんは第一志望校の受験当日に自分がどのように入試を受けているのか想像出来ますか?

入試とは、これまでの努力全てをたった数時間のテストでぶつけなければならない という、なんとも理不尽なものなのです。

私はよく『本番力』という話をします。
本番力とは、試験本番でどれだけ自分の力を発揮できるかという力のことです。ここで一つ例を紹介します。

たとえば、100の学力を持ったA君と、81の学力を持ったB君がいるとします。
その学力の差は19で、偏差値で換算すると5以上も偏差値が離れていると仮定しましょう。

普通に考えれば入試はA君の圧勝で終わりそうです。

しかし、A君が受験当日にお腹が痛くなったり、前日よく眠れず集中して試験を解くことができなかったりして、普段の80%の力しか出せなかったとします。

一方、B君は普段通り100%の実力を出しきり試験を終えました。

するとどうでしょう、A君はB君に負けてしまいましたね。もし、A君とB君の間の点数が合否の分かれ目だったら……….

そんな都合の良い話なんてあるもんかと思う人もいるかもしれませんが、こんな話はいくらでもあります。
逆転合格をする人がいれば、反対に逆転不合格をする人もいるのです。

最近、 本番を意識した学習環境 で勉強出来ているかどうかをよく放送で流しています。

机の上に、水筒や食べ物が置かれていないか教科書類が散乱していないか等、些細なことかもしれませんが、そんな小さなことが合否を分けるかもしれません。

私は第1志望に合格することができませんでした。
皆さんには、同じ思いを絶対にして欲しくありません。

受験に失敗しないためにはどうすればよいのか、私が答えられることならなんでも答えます!
少しでも不安がある人は、是非私に声をかけて下さい!

数ヶ月後の受験本番に向けて、これからどのように考え、行動していくかは皆さん次第です!

 

———————————————————————————————————