金メダルおめでとうございます!! | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ

2014年 2月 16日 金メダルおめでとうございます!!

こんにちは、大宮校の安達です!
 
本日は本当によい天気で、雪もしっかり溶けてくれそうですね!
ただ、風が強い上、まだ足場も悪いので、
外出する際は十分気をつけるようにしてください(>_<)
 
ところどころで、入試の開始時間を遅らせて実施する私立大学もあります。
受験生の皆さんは、安全に気を付けて、
ゆっくり会場に向かってくださいね!!!
 
 
さて…
本日お話する内容は、
これ以外にはないでしょう!!!!
 
 
 
 
ソチ五輪 男子フィギアスケート
についてです☆
 
羽生選手金メダル、
高橋選手、町田選手入賞
本当におめでとうございます!
 
素晴らしかったですね…!
写真は表彰の後のウィニングランをしている羽生選手です。
そのシーンは本当に感動しました(;_;)
 
私は以前から羽生選手のファンということもあり、
深夜まで起きて、羽生選手の渾身の演技。
そして、金メダルの瞬間をしっかり目に焼き付けることが出来ました(^o^)/
金メダルが決まったときは、母と大興奮。
歓喜の雄叫びをあげてしまいました♪
演技の素晴らしさは勿論ですが、
私は羽生選手の心が綺麗で強くて、人として本当に尊敬します。
 
そして、小さなころからの
「オリンピックで金メダルをとる!」という夢を見事実現し、
そしてそこに満足することなく、
これからのことをしっかり見据えている羽生選手!
これからも、見ている人に、夢や勇気を与え続けてほしいですね(^^)
 
羽生選手の頑張るエネルギーとなったものは何だったのでしょうか!
わたしがインタビューを聞いていて、
キーワードとして印象に残ったことが3つあります。
 
「夢」
たとえどんなに大きくても、自分の中で確固たる夢を持って、
覚悟して努力し続けることは、自分自身を何倍をも成長させてくれるんだなと感じました。
 
「ライバルの存在」
羽生選手のライバルである、
パトリックチャン選手の存在について語っています。
1位争いのあの緊張感は見ているこちらにもひしひしと伝わりました!!
しかし、そんなお互い本気で挑んだ勝負のあと、抱き合う2人を見て、
切磋琢磨し合える『ライバル』『仲間』なんだなと感じました!
 
「復興のために」
羽生選手は被災地である仙台市出身です。
「被災者である自分がメダルを取ることで、傷ついた日本を元気づけられれば」と、
これまで公言してきましたが、
金メダルをとったあとは、
「メダリストになっただけでは、復興の手助けにならない。何も出来ていない無力感を感じた。」
「金メダリストになったこれからがスタート。復興のために出来ることがある。」と話していました。
自らも被災し、一時はスケートをやめようと思ったが、
被災地を離れ練習の拠点をカナダにする苦渋の選択をした高校生の羽生選手。
そして今、本気で、被災地、
日本のために頑張っている19歳の羽生選手は、日本人の誇りだと思います。
 
 
私も見習って、将来についてもっと本気で考え、向き合い、努力していきたいと思います。
みなさんも、中学生高校生だからこそ、可能性は無限大です。
今だからこそ、自分自身の将来について真剣に考えてみましょう!
頑張るエネルギーを見つけていきましょう☆

—————————————————————————————————-

☆大宮校でのイベントのお知らせ☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

慎先生特別公開授業(英語)

日時:2月22日(土)

場所:大宮校

内容:◇「予習」の仕方と「復習の5ステップ」

   ◇単語・熟語の勉強法

   ◇文法問題で注意すること

   ◇志望校合格のために最も大切なこと

 

お申し込みはこちらからどうぞ↓