ブログ | 東進ハイスクール大宮校|埼玉県

ブログ 

2020年 5月 5日 【新担任助手紹介④板倉佳穏編】

こんにちは!この度大宮校の担任助手になった1年の板倉佳穏と申します! 高2の冬に東進へ入学した私は、担任助手の先生方のサポートのもとで第一志望校に合格することができ、今、人生の新たなステップを踏み出したところです!

現在、一橋大学社会学部で学んでおります。大学での深い学びの中で社会に貢献するための最初の切り口を見定めたいと思っていた私にとって、幅広く学ぶことができる「一橋大学社会学部」はとても魅力的でした。名前は社会学部ですが、社会学以外も学びます

英訳は”Faculty of Social Sciences“、

社会科学の学部なのです。

受験生の時は、伊奈学園総合高校で授業・補習を大切にしつつ、東進で受講と演習をがむしゃらにやっていました。

室内楽部という弦楽器を演奏する部活に所属していましたが、引退時期の高3の6月までは平日東進に滞在できた時間はあまり長くなく、焦燥感にかられていました。

しかし、受講数を調整するなど限られた時間を最大限活用することができたため、学力を少しずつ伸ばすことができました。

東進での一番の思い出は、一橋大学・日本史の過去問演習講座の時間です。

東進の過去問演習講座は採点、添削、解説授業が全てついてきて、解き直しも添削してもらえます。一橋大学・日本史は400字の論述問題が3題で、解答を書く前のメモ書きが勝敗をわけるといっても過言ではありません!

 

そのメモを知識を振り絞って書き出す力、時間内に400字で説明する力、添削と解説授業から新たな知識・解答の要点を吸収する力、それらを次は必ず発揮する力、

全てが鍛えられた気がします。結果的に、他の科目でもこれらの力は大きな助けとなりました。

新たな担任助手として、今度は皆さんの受験をサポートさせていただきます。成績や学習状況を一緒に細かくチェックして、たくさんお話しして、受験を一緒に乗り越えましょう。これからよろしくお願いします! 

2020年 5月 4日 【新担任助手紹介③天野杏珠編】

こんにちは。今年から担任助手になりました、天野杏珠です!

まずは自己紹介をしたいと思います。私は開智高等学校高等部を卒業しました。

この春から法政大学国際文化学部に進学します。

高校時代部活には入っていなかったのですが、昔から習っていたクラシックバレエを細長く続けています。

私が東進に入学したのは2年生の終わり、3年生に進学するタイミングで、周りと比べても本当に遅い時期でした。家が近くて友達が何人か通っており、招待講習を受けたのがきっかけで入学しました。

私が受験期に一番成長したと思うのは、夏休みです

私の年は8月のセンター模試で志望校に合格できる点数をとることが全体の目標とされていたので、とにかくその点数を突破できるようにすることだけを考えて勉強をしました。私には朝開館と同時に登校して、毎日同じルーティーンで勉強するやり方が合っていたようで、入塾当初は4割程度だった英語も8月の模試で9割以上得点できるようになりました。

今、先が見えず不安を抱えて過ごしている人もいると思います。しかし大学受験を終えた時の自分のために頑張ることができるのは今しかありません。なかなか集中して質の良い勉強をすることが難しい環境だとは思いますが、だからこそ勉強した人としていない人とで差が開きやすい時期なので頑張ってください!

 

1年間よろしくお願いします。 

2020年 5月 3日 【新担任助手紹介② 秋山雄一 編】

皆さんこんにちは!

新しく担任助手になりました、

早稲田大学政治経済学部政治学科秋山雄一です。

出身高校は、城北高校という都内の学校です。

よく城北埼玉と間違えられますが、ただの「城北」です!

部活は鉄道研究部に所属していました。

皆さんの学校にもあるでしょうか?小さな部活と思われがちですが、

実は50~60人が所属するそこそこ大きな勢力なんです。

もちろん鉄道は好きなのですが、普通の人より少しは詳しい、という程度です。

他にはクルマや名探偵コナンが好きです。

やっぱりコナンは黒の組織の話が面白いですよね!

大学では学部名の通り、主に政治学を勉強したいと思っています。

さて、私は高校2年の冬に東進に入りました。

定期テストでは点数が取れても、模試や実力テストでは歯が立たず、

このままでは受験に間に合わないという思いから、予備校に入ろうと思っていました。

その中でも東進を選んだのは、一流の先生の授業を校舎の場所に関係なく受けられるからです。

東進に入って良かったと思えたものの1つ目は、

高速基礎マスターです。

入塾当初から始め、入試直前までほぼ毎日取り組んでいました。

大学入試の英語で最も大きな比重を占める長文をスラスラと読むためには、

単語・熟語・文法の知識を十分に持っていることが不可欠となります。

高速基礎マスターに繰り返し取り組むことで、

いわば大前提である単語・熟語・文法を、知らず知らずのうちに定着させることができるのです。

これは絶対にオススメです!

2つ目は、

グループミーティングです。

塾内に知り合いがいなかったのですが、グループミーティングに毎週出席することで、

同じグループの人たちと仲良くなり、校舎全体の居心地が良くなりました。

また、たわいもない話で気分転換ができただけでなく、

過去問の進め方など受験勉強に関する情報を共有することで、

自分の状況を客観的に見つめ、モチベーションを上げることができました

受験勉強をするにあたって、勉強方法を教えてくれる人がいなければ、

やることが膨大にある中でどこから手を付ければ良いのか全く分からないと思います。

その勉強方法を示す立場として、

東進には担任助手がいるのです。

私自身も受験生時代、

担任助手の先生に勉強方法を逐一聞いていたことで、

第一志望である早稲田大学政治経済学部に合格することができたのだと思います。

担任助手として一人一人の生徒に対し、

こういう時はこう、あの場合にはこう、というように、

様々なケースに的確に対応して、

合格までまっすぐ導くことができるよう、精進してまいります

これからよろしくお願いします!

明日の新担任助手紹介は 天野杏珠 先生です!お楽しみに!!

2020年 5月 2日 【新担任助手紹介① 秋山芽依 編】

みなさんはじめまして!

新しく大宮校の担任助手になりました!秋山芽依です!

まずは、自己紹介からしたいと思います!

大学は聖心女子大学で学部は現代教養学部です!

高校は青山学院大学系属浦和ルーテル学院高校で、部活はハンドベル部でした!

東進には高2の2月頃に入塾しました。東進に入るまでは、定期テスト以外まっっったく勉強することなく、部活と遊びと習い事で忙しくしていました…。

定期テストのための勉強しかしていないため、模試の成績も悪く、東進ではほぼ0からのスタートでした。

そんな私に勉強するモチベーションと受験に打ち勝つ勇気をくれたのが、

東進の夏期合宿でした!

夏期合宿で学んだことはもちろん、そこで出会った仲間は一生の宝物になりました。

その後、校舎で何度も夏期合宿のことを思い出して、一日一日を頑張ることができました

結果的に、私は第一志望には合格できませんでした。

それでも、こうして東進の担任助手を勤めているのは、

本当に東進に入って得たものが沢山あり

また感謝の気持ちでいっぱいだからです。

私は9ヶ月後、みなさんの第一志望に合格した満面の笑顔を見るために全力でサポートします

困ったことがあったら、

辛くなったら、

誰かに相談したくなったら、

いつでも頼ってください

これから受験に向かって一緒に頑張りましょう! 

2020年 4月 27日 【お知らせ】ゴールデンウィーク期間の校舎運営について