ブログ | 東進ハイスクール 大宮校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ 

2024年 5月 23日 【大学紹介】明治大学 経営学部編!

担任助手2年の栗林咲菜です。 本日は私が通っている明治大学経営学部について紹介します!

まず文系学部は1.2年生は和泉キャンパス、3.4年生は駿河台キャンパスに変わります! 私が今通っている和泉キャンパスの最寄駅は明大前駅で、渋谷からも新宿からも10分弱で着く立地の良さがあります!

 

和泉キャンパスの中でも特に素敵な塔はラーニングスクエア(通称LS)です。 このようにガラス張りで広々しています。

体育ではボルダリングもしました!

  

 

さて私が通っている経営学部について説明します!明治大学の経済系の学部は3つあり、政治経済学部、商学部そして経営学部です。商学部が気になっている方は、昨日の秋元先生のブログをチェックして見てください!

 

明治大学経営学部は、日本の私立大学の中ではじめての経営学部になります。

まず経営学部が他の商学部や政治経済学部との大きな違う点は、マネジメントする立場から企業を見ることにあります。実際に存在する企業の業績データを見ながら、どのようなプロジェクトをすることで利益向上を実現したか学びます。プロジェクトというと技術革新などを考えるかもしれませんが、会社を経営する上では働く環境も大切になりますよね。

そこで私は、人事労務管理従業員のモチベーションのあげ方などを学ぶ授業がとても好きです。

 

経済系の学部に行きたいけれど、数学が苦手!と思っている方もいるかもしれません。確かに数学を利用して入学した人もいますが、実際は数字には現れない部分も考える必要があるので、数学ができるかどうかはあまり関係ないかと思います!

   

経営学部は1年次に経営について幅広く学びますが、2年生から3つの学科に分かれます!

営利企業のマネジメントについてより詳しく学ぶ経営学科

利害関係を会計情報を用いて考える会計学科

行政組織や非営利組織のマネジメントについて学ぶ公共経営学科に分かれます。

 

特に会計学科出身の人は公認会計士、公共経営学科の人は公務員などを目指す人が多い印象があります!

一年生のうちから企業調査をしたり就職活動について考えるきっかけがたくさんあります。 明治大学だけでなく経営学部について少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです!

 

明治大学の中でも特に倍率の高い経営学部ですが、

入学すれば意欲的に学ぶことができ大学生活が充実すると思います!

お待ちしております!

2年 栗林

2024年 5月 22日 【大学紹介】明治大学 商学部編!

皆さんこんにちは!

明治大学商学部2年の秋元翔太です!

五月のテーマは大学紹介ということで私が今通っている、明治大学和泉キャンパスについて紹介します。

   

和泉キャンパスは大宮駅から大体50分くらいで、京王線・井の頭線が通っている明大前駅というところが最寄り駅です!10分以内で新宿・渋谷に行けるアクセス最高な駅なんです!

   

また、明大前の自分的に押しているところはラーメン屋🍜がたくさんあるところです!敷地的には駅前はあまり明大前って広いわけではないんですけど、私が認知しているだけで、10店もあります!かの有名な、susuruTVというYutuberも実は明治出身で明大前のラーメンを食べつくしていたんだとか。。。

しかし昼ご飯がほとんどラーメンになってしまうことがあるので、体とお財布には優しくないので、ほどほどに調整しましょう。

     

和泉キャンパスには文・経営・商・政治経済・法・情報コミュニケーションと6学部が同居しています。

それもあり、学食・エレベーター・歩道橋は激コミで大変です。

 

私は商学部に在籍しているので、商学部について話させていただきます!

商学部の大きな特徴としては、二年次からゼミが始まることです!

 

ダブルコアという制度もあり、商業系に特化したゼミ・教養科目に特化したゼミ

の最大二つのゼミに入ることができます!

そして一年生の10月あたりからゼミ試験というものが始まり、春学期の成績と面接

第一希望のゼミに入れるかが決まります!

残酷な話ですが、人気なゼミでは倍率3,4倍を超えるゼミもあり、自分の入りたいゼミには入れないこともよくあります。。。

なので、1年生の春学期のGPA(学校の成績)は4年間で一番大事です!

特に注力して授業に臨むようにしていただきたいです!

   

また三年次には、

アプライド・エコノミクス(応用経済学)コース / ファイナンス&インシュアランスコース / マーケティングコース / アカウンティングコース / クリエイティブビジネスコース / マネジメントコース / グローバルビジネスコース

という7つのコースに分かれて自分の深めたい学問に進みます!

 

専門にしたい学問を定めきれない方は大学3年までに決めればよいという猶予もあるので、まだ何をしたいか迷ってる人におすすめです!明治大学の商学部に入って思うことは良い意味で想像以上に勉強するということです!文系ってあまり勉強してなくて、遊んでるだけってイメージを少しでも持つ人もいると思います!

ですが、実際はいってみると自分が興味をもって選んだ授業・ゼミに関しては習慣的にしっかり勉強して、日々学びを得られているなと感じます!

 

まとめると、遊びも勉強も全力で頑張りたい人に明治大学商学部おススメします!

このブログを通して少しでも大学選びの参考になっていたら幸いです!

受験勉強頑張ってください!

2年 秋元

2024年 5月 21日 【大学紹介】法政大学 デザイン工学部編!

担任助手2年生の十倍遼です。

本日は私が通っている法政大学デザイン工学部について説明します!

 

まず、法政大学には市ヶ谷キャンパス、多摩キャンパス、小金井キャンパスがあります。

   

それぞれの特徴としましては、市ヶ谷キャンパスは26階もあるボアソナードタワーを中心に一つ一つがとても大きい校舎がたくさんあります。食堂はもちろんスカイラウンジや大講堂、ジムなども付いている超ハイスペックキャンパスとなります。

 

多摩キャンパスは何と言っても、とにかく広い!!

キャンパス内にはバスが通っており、授業の移動などに使います。その他にも、体育館が巨大スタジアムになっており、スポーツ設備はビリヤードですらあるほど、完備されています。

 

小金井キャンパスは理系のキャンパスで大きさは他のキャンパスに劣りますが、最先端の研究設備が整っているので、研究に没頭できます。スポーツサークルも強いところが多いイメージです。3つとも素晴らしいキャンパスなので大学生活を謳歌できますよ!  

 

ここで、私の学部の特徴を軽くお伝えしようと思います!

私が通うデザイン工学部は市ヶ谷キャンパス唯一の理系学部です。

そのため文系学部の学生のキラキラ感に圧倒されています(笑)

   

 法政大学は皆さんがイメージするようなキラキラ大学生活をおくれます!

法政の多摩キャンパスで待ってます!

2年 十倍遼

2024年 5月 20日 【大学紹介】一橋大学 経済学部編!

こんにちは!担任助手1年の岸大登です。

5月のブログのテーマは大学紹介ということで僕からは一橋大学について話そうと思います。

   

一橋大学には商・経済・社会・法の4つに加えて2023年に新設された

ソーシャルデータサイエンス学部の5つの学部が存在します。

 

昨日の辻先生と被ってしまうところはありますが、

僕からも特に伝えたいのはこれら5学部間の垣根がとにかく低いということです!

   

1年次に編成されるクラスは学部関係なく決められるため他学部の学生と深く関わることができます。 また他学部の授業も取りやすいためさまざまな学問を幅広く学ぶことができます!

下に私の今学期の時間割を載せます。人文学など経済に限らず多様に履修できることがわかると思います!

 

続いて、私が所属する部活・サークルを紹介します!

まずは男子ラクロス部!

なぜラクロスを始めたのか、それはラクロスがカレッジスポーツであるからです。 ほぼ全てのプレーヤーが大学生になってから競技を始めるため、

自分の努力次第でいくらでも高みを目指すことができます。

   

一橋の三大体育会の一つであるラクロス部は「学生日本一」を目指して日々練習を頑張っています。

週5で練習があり、そのうち3日は朝練のため、週3で始発登校をしています。

自由な時間はどうしても制限されるため決して楽とは言えない生活ですが、部活後に仲間と談笑する時間や試合に勝った時の喜びは何ものにも代え難い大切なものです。

 

実は5/18(土)に行われた東京大学の五月祭において、東大のラクロス部と試合をしました! お互いに初めての試合ということもあり非常に白熱した試合になりました。 結果は5–3で見事勝利 練習を頑張ってよかったと心の底から思いました。

 

ラクロス生活は始まったばかりですが、4年後に日本一になる自分を想像して日々頑張っていきます。

今、部活動に励んでいる皆さん、勉強との両立は本当に大変だと思います。 ただ仲間と一つの目標に向かって努力できる機会はそう多くありません。 勉強をおろそかにしてはいけませんが、部活動を最後までやり遂げてほしいし、最後まで頑張るみなさんを全力で応援しています!

 

2つ目はKODAIRA祭実行委員会(通称KODA委員)です。

まずKODAIRA祭について簡単に説明します。

毎年6月に行われるKODAIRA祭では先ほど紹介したクラス単位で模擬店を出店します! たこ焼き、焼きそば、チュロス、ワッフル、清涼飲料水などなどさまざまなお店で賑わいます。

この模擬店以外にもステージでの企画や受験生相談コーナーなどさまざまな企画が行われます!

 

KODA委員で何をしているかというと、立て看板の作成や当日の模擬店の配置決め、またゲスト招待者へのアポ取りなどやることはたくさんです。そのため一緒にいる時間はとても長いし毎日お昼ご飯を一緒に食べるので、KODA委員で最高の仲間を作ることができます!

 

以上、私からの大学紹介になります。

一橋大学に入学すれば勉強にも行事にも没頭できる最高の4年間が待っています。 たくさんの後輩が入ってきてくれるのを楽しみにしています!

1年 岸大登

2024年 5月 19日 【大学紹介】一橋大学 経済学部編!

大宮校担任助手2年の辻明音です

今回は通っている一橋大学で学ぶことができる学問や設置学部について書きたいと思います!

   

ところで一橋大学が「文系学部中心」の大学であることはご存知でしょうか?? もともと1875年開校の『商法講習所』を起源として、『東京商科大学』といった名前も経て商業の分野で権威を持ち続けた 社会科学分野に強い大学です。

 

設置学部としては、 商学部・経済学部・法学部・社会学部、そして2023年度より設置されたソーシャルデータ・サイエンス学部があり、いずれも東京の国立市にある国立キャンパスを拠点としています。

では一橋大学では何を学べるのでしょうか??

 

一橋大学の特徴としてよく言われるのは「学部間の垣根がひくい」ということが挙げられると思います。

どういうことかというと、例えば 経済学部生が商学部科目の「消費者行動」という授業を受講できたり、 社会学部生が数学科目の「線形代数」を履修することができます!

 

このほかにも他学部生が学部科目を履修できるという場合が多いです!入ってからも他の学問分野に興味を持って、それについて自由に学ぶことが許されているので入ってからも幅広い学問を収めることができます。

その他、数学の教職課程が文系大学ながら展開されていたり、囲碁について学ぶユニークな授業があったり学びの幅が広いです。

ここで実際に私が1年生の春夏学期の時に組んだ時間割を載せてみようとおもいます

経済学部なので「経済学入門」「経済史入門」といった学部必修科目の履修はもちろんのこと、「微分積分」や「線形代数」といった大学数学科目の履修も求められます。 数学科目は実際経済学を学んでいく上で必要になってくるため実質経済学部や商学部の必修科目になっています。。

   

その一方でやはり学べる学問の幅が広く「人文学」のついて学べたり、第二外国語科目の履修も自由にできます。経済学部は法学部や社会学部と違って第二外国語科目が必修ではないのですが、私はスペイン語を学んでみたいと考えていたので組みました!

その他PACEという英語コミュニケーション系の全学部1年生必修カリキュラムが週2であります。

   

現在経済学部2年生の私ですが、さらに経済学を学ぶ科目として「基礎ミクロ経済学」「基礎マクロ経済学」、その他の学部科目として「消費者行動」「簿記システム」といった科目を履修しています。

今回は一橋大学を学問の側面から紹介しました!ほかにも文化祭や部活・サークルの活動もかなり盛んであったり、少数精鋭で就職先として1流の企業の名が並ぶ良い大学だと思います。

でもやはり入学するためには類まれない努力が必要な大学だと思うので、目指す学生の皆さんは対策を重ね頑張ってほしいと思います!!入ってからは楽しいキャンパスライフが待ってます!!

 

2年 辻明音